日次積算光量

日次積算光量モデルはPAR (光合成有効放射)の測定を使用して、累積日次積算光量を計算します。 期間は毎日真夜中にリセットされます。

日次積算光量(DLI)は、24時間の間に1 m 2の面積に当たる光合成光量の総数です。 わかりやすく言えば、DLIとは、植物の成長に利用できる1日当たりの放射線総量です。

光合成光量束密度(PPFD)は、QSO-S PAR光子束センサーで測定され、単位はμmol m -2-1が使用されます。 この瞬時値は、データロガーによって測定間隔を通して平均されます。


METER Sensors needed for calculating DLI: 24 hour PPFD


新しい環境モデルを作成するには、ビーカーアイコンをクリックしてください。


ドロップダウンから日次積算光量環境モデルを選択します。


モデル名およびチャート名を入力します。

ZENTRA Cloudは、入力のための適切なPAR測定値を自動検知します。 複数の気温測定値がある場合には、センサー入力ドロップダウンで、一つ特定してください。

作成をクリックしてチャートを保存します。


完了した日次積算光量チャート。


How did we do?



Powered by HelpDocs (opens in a new tab)

Powered by HelpDocs (opens in a new tab)