カスタム土壌水分キャリブレーションを作成する

Updated 15/10/21 by Travis Bates


土壌特有水分キャリブレーションを入力するには、左の レンチ アイコンをクリックしてください。


メニューからキャリブレーション を選択します。


新しいキャリブレーションを追加 ボタンをクリックします。


キャリブレーションの名前を入力します。 現存の土壌キャリブレーションから数値をクローン してそれを編集するか、すべてのフィールドを空白状態から開始することもできます。


多項式キャリブレーション 例: 対応するセンサー列および各係数のボックスに、係数を入力する。 (例:a:1.17E-09、b:-3.95E-06、c:4.90E-03、d:-1.92)。

係数は、指数表記でも、10進式でもよい。 例えば、1.0e-3 または 0.001。


直線キャリブレーション例: 対応するセンサー列および各係数のボックスに、係数を入力する。 (例: c:8.50E-04,d:-0.481)。


追加のメディアパラメータを入力します。 新しいキャリブレーションを保存するには、承諾 をクリックします。

バルクソイルの熱伝導性 を 飽和抽出 および・または 間隙水ECに変換するには、バルク密度、乾燥誘電率、および粒子密度が必要です。


How did we do?



Powered by HelpDocs (opens in a new tab)